おすすめ紹介

CITTA手帳がフリーランスにもおすすめな理由

CITTA手帳がフリーランスにもおすすめな理由

こんにちは!
地方在住ライター・WEBディレクターのきぬ(@koko_create)です。

会社で働いている時から、スケジュール管理はデジタルでなく手帳派でした。
パソコンにさわっている時間が長いというのもあるかもしれませんが、紙の手帳の方が安心感を得られます。
フリーランスになった今も変わらず手帳派ですが、手帳の使い方は随分変わりました。

今回は私の手帳の使い方の変化、CITTA手帳を選んだ理由と使い方についてお伝えしていきます。

時間管理を改善したい方

手帳の使い方に迷っている方

CITTA手帳が気になっている方

の参考になればと思います。

以前の私の手帳とその使い方

以前の手帳の画像

2018年の手帳を手にとりパラパラめくって振り返ってみました。
以前の私の手帳の条件は、まずマンスリーであること。そしてできるだけ薄くて軽いことでした。

会社で講演会やイベントの企画に携わっている時は、常に打ち合わせと締め切りと本番に追われている感じだったので、予定が入ればまずアポイントの時間・人・要件を書き込む!
1日のうちに複数アポイントがある場合は、他の日に書き込んで矢印を引っ張って入れ込む!とにかく予定を忘れずに書くことが最大にして唯一の役割という感じでした。

ぼかして撮って更にモザイクをかけましたが、仕事の書き込みしかありません。
プラベートの用事はほぼ書き込んでいませんでした。
(もともとそんなに予定も詰まっていないですが…)

薄さ・軽さ重視で絶対に守るべき仕事を書き込むメモという使い方。この方法で慣れてもいたので特に不自由を感じることもありませんでした。

 

フリーランスになって、CITTA手帳に変えた理由

これが今現在使っているCITTA手帳(A5サイズ)です。

フリーランスになっていつものようにマンスリーを使っていたのですが、決定的に今までとの違いを感じていました。それは仕事もプライベートも全て自己管理しないといけない
ということです。

誰からも強制されず、何を言われることもないので、当たり前といえば当たり前なのですが、そうなってくると当然時間の使い方が今までのようにはいかなくなってきます。

制作の仕事だけでなく経理や書類の発行なども自分で行う必要がある。勉強もしたい…。
慣れない仕事で時間がかかってしまったり、予想以上に進まないことも多く、週末・平日関係なく仕事をしていました。
最初はそれについてさほど問題を感じていなかったのですが、どんなに仕事が辛くないとはいえ、プライベートの時間を削り続けているのも事実。
この生活に慣れてしまうのはよくないと思い、意識的に変えようと思いました。

仕事とプライベートのメリハリをつけるためにはどうする?そう考えた時、手帳の使い方を変えられないか?と考えました。
仕事のやるべき予定だけじゃなく、プライベートなことも書いて記録にもなる、相棒のような手帳が欲しい…そう思っていた時に、CITTA手帳に出会いました。

私が数ある手帳の中からCITTA手帳に決めたのには、3つの最初の印象がありました。

1日24時間という前提が手帳で示されていて、時間の使い方が見えやすそう

今日・今週・今月・来月・来年・再来年と1冊で見通せる工夫があり、振り返りも簡単にできそう

「今日」と「明日以降」をバランスよく意識できるようになりそう

実際に使ってみると予想通り。
仕事とプライベートの時間両方を、少しずつコントロールできるようになってきました。

 

CITTA手帳をこう使っています

CITTA手帳には工夫されたページがたくさん。
ここからはそれぞれのページを写真で紹介しつつ、CITTA手帳で紹介されている使い方を元にどう活用しているか、感想を含めて紹介します。

プロジェクトシート:仕事や経費の記録

CITTA手帳はあらゆるところで「見開き」の構成が生かされています。
このプロジェクトシートのページは自分の活動の記録用に使っています。
例えば「この日にブログを書いた」「この日にお問い合わせがあった」「この日に納品完了した」「この日にこの本を読んだ」などです。
また1ヶ月につき4つ項目が設定できるので、クレジットカードを使った日に金額を書いて記録にもしています。

マンスリー:月の予定をざっくり書き把握する

CITTA手帳2

最初とても新鮮だった2ヶ月マンスリーページ。
以前私が使っていたマンスリーと比べるとひと枠は3分の1程度ですが、ここには時間は書かずに忘れたくない予定を書き込む程度なので、時々月全体をパッと見返すくらいの使い方です。この2ヶ月の見開きはとても気に入っています。
祝日や曜日も含めて見渡せるので、出かける予定を立てたり、納品までのスケジューリングにも役立ちます。

ウィークリー:毎日の予定や、やりたいことを書く

CITTA手帳4

これがメインで毎日書いているページです。
月曜から日曜、朝5時〜4時までが1列に記載されています。

ここに、仕事の予定、プライペートの予定を書き込んで、2〜3色で色分けして、パッとわかるようにしています。
毎朝手帳のこのページを開いて、今日必ずする事、したい事、などを確認したり書き足しています。

そしてさらなるポイントは右側の方眼のメモ欄。これがものすごく重宝します…。
ウィークリーページは毎週一新されるので、あまり細かいことは気にせずパッとメモしたり、気づいたことや言葉を書き留めたりしています。
右上にちょこんと並んでいるのは当月と翌月のミニカレンダー。
CITTA手帳の開発者、青木千草さんの細部にわたるこだわりが感じられます。

ワクワクLIST:その月にやりたいワクワクすることを書き出す

CITTA手帳3

これはCITTA手帳の特徴であるワクワクLIST。

やりたいことをとにかく書き込む欄。右側にそれをやる日を書くところがポイント。
この効果はすごいですね。日にちを決めてしまえば、それを実現させるために、一気に思考が現実的になります。

私の場合、日にちを書いた瞬間に「やばい…」と思う時もあります。笑
どうやって実現させようかな、とちょっとそわそわするというか、書くことで認識がガラッと変わるのです。
毎月全部は埋められないですが、空欄もよしとして思いついた時に書いています。

方眼のフリースペース:書きおこしておきたいことや計画をメモ

CITTA手帳5

そして最後は方眼のメモ欄。文句なしの使い勝手の良さです。
もう少しメモページが多いと嬉しいですが、これは少しでも軽くするための工夫とのこと。
書き残しておきたいことや忘れたくないことなど書き込んできます。

 

さいごに

最後に、私がCITTA手帳を使ってみて、フリーランスの方にもおすすめしたい理由を改めてまとめます。

工夫されたページを自分なりにアレンジすることで、仕事とプライベートを丸ごと1冊の手帳で管理できる

仕事の予定をクリアにしておくことが、プライペートの時間をクリアにすることに繋がり、手帳を軸にしてすぐに実践できる

手書きする時間をあえて多めにとることで、自分に向き合う時間が持てる

自分が予定したことをするという小さな積み重ねが自信につながる

個人的にはとてもおすすめですし、フリーランスになってからは手放せないと感じています。これからも継続して使っていきたいです。
手帳を使った時間管理や手帳選びのヒントになれば嬉しいです。

-おすすめ紹介
-, , ,

Copyright© こもれび手帳|暮らしと仕事のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.